トップ

メイクパーソン代表の渡辺です。 これまでに私が現地に行って感じたのはベトナムとモンゴルは親日。現在モンゴルはあまり景気が良くなく若者は海外で仕事をしたいと考えている子が多いようです。現在日本に来ている若者の皆さんは母国ではかなり優秀な人材と言えます。しかしながら、日本に来る事と生活をしていく為には多額の費用を必要としますので経済支援者がいないととても困難です。 このような母国で将来活躍したいと考えている皆さんに対して働ける場所を提供することをしっかりと行って行くと共に日本の若者達も他国の皆さんに負けないでほしいと考えております。

トップ MB
代表挨拶
お悩みありませんか
  • どこかに就職しても長く続きせず、今までいろんな会社を転々としてきた。
  • 経済的に苦しくなり、日々追われるような生活を送っている。
  • もう親に迷惑をかけられない…これ以上わがままは言えない。
  • マイナスの状態からゼロに戻して人生を再スタートさせたい!
  • 経済的に余裕がなく手持ちがない状態。部屋は借りられないし、これから生活をしていくお金も無い。
  • 身一つで即住み込みで働けて、即お金を稼げてとりあえず生活ができる寮付きの職場を探している。
  • 仕事の内容はある程度こなせるものだったらなんでも大丈夫! だけど、期間工のように体力を使う過酷な仕事は続けられない。
  • 営業ノルマを必ず達成しなければならないなど高いスキルが求められる仕事もやれる自信がない。
  • こんな自分を必要としている会社なんてあるのか? たとえ就職できたとしても、また転々としてしまうのではないか?とても不安だ。
お悩み
3つの信条
理念

当たり前のことをきちんとやれる“人間力”を理念に置いてます。
「普通のことを普通にやれるようになる!」
朝きちんと起きる、時間通り出社する、あいさつをする、他人に迷惑をかけない等こういった当たり前のことを継続し続けるのは簡単なようで意外と難しいです。
一人ひとりが社会でも活躍できる人材を創る企業を目指しております。

人材

理念でも掲げているようにメイクパーソンでは人間力を掲げ、普通のことを当たり前にやれる人材を育成します。新聞業界では悲喜交交いろんな人がやってきます。近年では外国人留学生なども受け入れを行ってます。この仕事をしながら、夢や目標を抱く人も存在し、そんな人を応援する企業です。

地域

弊社のある千葉県白井市は都心へのアクセスも良く、サラリーマンのベッドタウンとして閑静な住宅街が広がるまちです。
シティプロモーションで掲げている「まっしろではじまりのまち」何色にも染まってない真っ白なキャンパスでゼロからスタートするには最適なまちです。
弊社は地域貢献も推進しているので、地域とともに笑顔溢れるまちを目指し、会社から地域を盛り上げていきます。

3つの信条
理念
人材
地域
新聞業界の現状

業界全体の従業員数については、日本新聞協会経営業務部が毎年4月の調べによると、2009年に新聞と通信社の従業員総数は4万9,075人で、資料がある1999年の6万189人から比較すると減少傾向が続いている。

この減少傾向について、ある機関のレポートでは
1新聞・通信社の分社化(特に印刷、発想部門の子会社化、分社化)が進むことで、新聞社本体の従業員が減少。
2経費削減を意図した早期退職制度の活用や、新規採用の抑制など、従業員総数の削減傾向が続いている。
3契約社員やパート・アルバイトなど不定期雇用枠の拡大。

以上の要因を挙げている。 産経新聞では収益力の向上と経営基盤強化を図って2009年1月に希望退職者を約100名程度募り、また役員報酬を減額するなど、大手紙の一部でも人員削減に踏み切る新聞社が出てきている。

こうした経営への懸念は、様々なコストダウン策を不可避のものとしている。

新聞業界の現状
女性も参画

2018年の3月に日本に来ました。将来の夢はニュースキャスターやアナウンサーなど、テレビの仕事につきたいと思ってまいす。 当初はバイクの免許を持っていませんでしたが日本に来てから原付免許を取得しバイクでの配達をしています。 日本に来てから最初の2,3週間で、いろいろな人と話ができて日本の生活が毎日楽しいと感じました。

微笑む女性
小野さん

新聞業界で働いて約20年。船橋出身ですが、結婚してから白井に住むようになり、気づいたら20年経っていたというほど毎日が充実した生活を送ってます。特に営業で新規のお客様に入っていただいたときの喜びが大きく、少しでも地域の人に役立てる仕事ができたと今は感じてます。この会社に来て3年目になりますが、和気あいあいとした職場環境は非常によく、家族でこの会社に働かせてもらってます。

川上さん

柏市出身。まだ入社したばかりですが、「人間力」という普通のことを当たり前にやる社長の方針に惹かれ、今は一人の人間としてきちんと生きれる人間を目指してます。職場のスタッフの人間関係も非常によく、充実した日々を送っております。新聞業界の生活リズムに慣れるのに大変ですが、やりがいのある職場です。好きな食べ物トマト

伊東さん

この業界に入った理由は人様に言えない生き方をしていて、いざ仕事をしようと思ったときに技術や経験もない中でも、福利厚生があるしっかりとしたこの業界にこんな私でも入ることができました。 きついと思ったことは何度もありましたが、これがこの業界では当たり前と思えたら続けられて9年が過ぎていました。新聞業界に慣れていない人は特におすすめで、社内の雰囲気も良く、世間でよく言われるストレスの原因である人間関係で悩むことはありません。

牛越さん

この職場に来て今年で11年目になります。 社長は当たり前のことができないとき、なぜ?できなかったかを徹底的に聞いてくれます。その理由を深く追及することで、できなかった原因を本人に気づかせることで自らの足で立つ、一人前の人として生きていくためにそばにいてくれます。

バギさん

将来はインターネットビジネスで販売業務を行いながら多くの人に出会ってみたいです。モンゴルの皆さんの為に日本製品を販売し広めるビジネスをすることが目標です。 2017年4月頃に日本に来ました。以前から日本に興味があり、行きたいと思っていた時に韓国のコーディネーターさんと出会い日本行きを決めました。 現在は日本語学校の3Hに通っています。日本の大学に入る為には日本語N2の試験に受からないと受験が出来ないので現在はその試験に受かる為に勉強中で来年には大学受験合格して大学に行く予定です。

ズイさん

コーディネーターさんの案内で今年の3月から日本に来ました。 日本の大学に行き勉強をして将来は大統領になりたいと思っています。 ベトナムと日本を行き来するような仕事がしたいです。 読売新聞OBのコーディネーターさんに案内していただきスムーズに生活できるようになりました。 こちらの会社で働くのは少ない時間である程度のまとまった収入になり、勉強をする時間がしっかり取れるのでとてもありがたいです。

インタビュー MB

ブログはこちら

スケジュール

千葉県北西部にある人口約6万人の都市です。 都心へのアクセスも良く、閑静な住宅が広がる住みやすい国道16号線と464号線がまちを横断し、都心だけでなく千葉県全域に車でのアクセスがしやすい 都心から成田を結ぶ北総線は、上野や浅草などの下町文化を味わえ、成田からは海外へ行くことができるまちです。

白井について MB

会社概要

会社名メイクパーソン株式会社
本社〒270-1431
千葉県白井市根136-1
設立2000年4月1日
TEL047-491-0471
FAX047-491-0407

募集要項

勤務地白井市内容 配達・区域管理・集金・営業
資格18歳以上(法令による)要原付免許時間 0:30〜20:00(実働約8時間)
給与 月給25万円~
※1年目から年収400万円以上も可能です
※入社日より2ヶ月の試用期間中に限り
休日4週5休
待遇
● 昇給年1回
● 賞与年2回
● 社会保険完備
● 寮(個室)完備(即入室可)
● 新生活準備金
● 貸付金制度有(相談に応じます)
● 読売新聞独自の厚生積立金制度有

情報化社会の中で、何をやれば良いのか?何をやりたいのか?この時代に見いだせない人も多くいます。
自分自身を見つめたときに、コンプレックスやネガティブな思い込みで自己否定してしまう人も。 新聞業界は様々な経歴を持つ人が働いてます。
メイクパーソンではどんな人材でも受け入れ「普通のことを当たり前にやれる」ようになる人材となるようにとことん向き合って育ていきます。
今はコンプレックスばかりだけど夢を抱きたい、希望を持ちたいという方!
若者だけでなく海外からも、そして年齢が高くても。
NEVER TOO LATE~遅すぎることはない~
希望ある未来を描き、その未来を共に歩んでいきましょう!

一緒に働きましょう MB
必須お名前
必須メールアドレス
任意電話番号
任意ご住所
必須希望する連絡方法 電話メール
必須お問い合わせ内容

スパムメール防止のため
こちらのチェックボックスにチェックを入れてから送信してください。