メイクパーソン豆知識 新聞奨学金制度 の仕組み

新聞奨学金制度とは

朝刊

白井 メイクパーソン 新聞販売店でも、新聞奨学金制度を利用した、求人募集を行っています。

新聞奨学金制度とは、具体的にどのようなものでしょうか?

新聞奨学金制度とは、「働きながら学ぶ」給与と奨学金(学費)、両方が支給される制度で、大手新聞社系列の新聞販売店に住み込みで働くことで資格を得ることが出来ます。

奨学金は、専門学校、各種学校、大学、大学二部、予備校に適応されます。
入学前に、必要な学費を借りることが出来るうえ、住み込みなので、家賃や食費などの出費を
抑えることが出来るので、親に負担を掛けることなく、自立で進学することが可能です。

新聞奨学金制度を利用しようとする人は、「返済不要」というメリットに魅力を感じるここと
思いますが、その反面、注意が必要なこともありますので、よく吟味してから利用されるといいと思います。

注意点①

あまりのきつさに、途中で辞めてしまう。

朝刊の配達は、朝、3時頃から始まるので、学業との両立は思っている以上にきついものとなります。途中で挫折してしまうと、奨学会への借金を抱えてしまうことになってしまいます。

注意点②

仕事が優先となる。

そのため、サークルや部活活動への参加が難しくなっています。
また、理数系の学生は、授業のコマ数が多いので、対象外としている場合もあります。

注意点③

中途退会した場合は、「一括返済」となる。

万が一、途中で辞めてしまうと、一括の返済となるので、多額の借金を抱える結果となってしまい、学業が続けられなくなってしまう場合もあります。

キーマンは、自分が働くことになる新聞販売所の「所長」です!

ホームページ上の条件や、パンフレットの内容だけで飛び込むのではなく、労働条件や、疑問点、
心配な点など、思いつく限りとことん、話し合った上で利用されることをオススメします。

 

メイクパーソンで一緒に働きましょう!

詳しくはこちら

メイクパーソン株式会社