新聞配達はここがすごい!

新聞

白井の新聞販売店 のメイクパーソンです。
新聞配達を実際にやってみて、の販売員の感想を書いてみようと思います。

1、時間が有効的に使える

2時半起床なため、一日の始まりを早く迎えることができます。
そのため、バイトであれば終了時間も早く終わるので、ダブルワーキングを
している新聞配達員も多いです。

早く収入を増やしたい人にはいい方法です。

ダブルワーキングでなく、空いている時間を勉強に充てる、新聞奨学生もいます。

2、配達が運動になる

新聞配達はカブで行う、というイメージも強いですが、マンションやアパートに配達する
ことも多く、これがかなりの運動量になります。

ポストが一か所に集まっているマンションならいいけれど、玄関先まで届ける、それも
エレベーターがない、となると、なかなか運動になるのです。

別に運動をする機会を設ける必要もないので、ここでも時間の節約が出来ます。

3、人間関係が濃くなる

新聞配達員とお客様の間には、ビジネスライクなお付き合い、となると思われがちですが、
長く新聞を取って下さるお客様とは、親密さも生じることがあります。

普通だったら接することのなかったであろう人と、年月を重ねていく内にいい人間関係を
作る事が出来るのも、この仕事のだいご味だと思います。

また、メイクパーソンは職場の人間関係もいいですしね。

居心地よく長く働くことが出来る、これは私どもの誇りとなっています。

 

その他にも、意外と配達のルールを覚えるのが面白かったり、ハマる人にはハマるお仕事
なのです。

興味を持った方にはぜひ一度、体験してみて欲しいと思います。

 

「白井 メイクパーソン 新聞販売スタッフ 実は高収入です。」はこちら

新聞の束